読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢オチ希望

適当にやっていきます

叛逆の物語について

ネタバレ注意

 

 

叛逆の公開当時、俺はまどマギにゾッコンだったにも関わらず、めんどくさがって映画館には行かなかった。

しかも先に漫画版を買って内容を把握するという、今の自分だったらありえない愚行に走っていました。

特典のフィルムとか欲しかったなぁ。

高校生の頃に友達が「いいだろほむほむだぜ」って見せてきたことをまだ覚えている。

そしてこの文を書く2年以上前にBDを買って観た。

幸いにも漫画版の内容は1割も覚えていなかったので、映画は純粋に楽しめました。

後にコレクター魂的なのが燃えて北米版BDも買っちゃいましたし、分厚いプロダクションノートをヤフオクで買ったりしました。

果てしないので詳しくは書けませんが、プロダクションノートには映画を観るだけじゃ分からない裏設定が大量で凄いモンでしたよ。どうかしていると思いました。

 

というわけで、ほんと今更なんですけど…自分なりにまとめたくて仕方が無いので、量産型感想を書きます。

とりあえず、1つ前の記事でテレビシリーズのまどマギについては書いたので、『叛逆の物語』全体のリアクションと、この映画で変わった彼女達のイメージを書いていこうかなと思います。

 


f:id:Image2D:20170413204816j:image

冒頭はほむほむが「ポケットモンスター縮めてポケモン」みたいな感じで魔法少女について語る。

それから舞台は幻想的な街に移り、なんと劇場版『永遠の物語』で消えたはずの少女達が笑顔でぬいぐるみと戦っているじゃないか。あのさやかと杏子が共闘

 

途中背景に「Welcome to cinema」と書いてあり、らしくないメタ発言かと思ったけど、この世界はほむほむの作り物って意味で捉えるのが妥当かな。

 
f:id:Image2D:20170413233622j:image

新しい敵のナイトメアは、さやかも「グロい」なんて言わない微妙にかわいらしいデザイン。枕やクマさんのぬいぐるみでビルを破壊するほどワイルドだったりもする。

劇団イヌカレーの人達って、ヤン・シュヴァンクマイエルの映画が好きそうですよね。ほんと良いセンスしている。

儀式中に流れる「まだだめよ」はずっとループして聴ける良く出来た挿入歌。

一時期サントラを職場に向かう車内でリピートしまくったりしていた。意外と眠くならないんですよ。

 

オープニング『カラフル』は歌詞も映像も素晴らしい。今はもう1人変わってしまったが、昔のClariSはこういう力強い歌の方が良いなぁ。

映像では、ほむほむだけ踊っていないダンスシーンが一番好き。哀しいけど。

ここもやばいっすね。
f:id:Image2D:20170413205142j:image

 

OPも終わって次の日、さやかと杏子とまどかが登校している。普通にありえん。

独身和子先生はなんだか悪魔憑きみたいな動きをしていて恐ろしかっ

f:id:Image2D:20170413205309j:image

反っていた時は完全にコレでしたね。

f:id:Image2D:20170413205401j:image

本当の悪魔はほむほむより先生なのかもしれない。

 

そして転校生はドヤ顔でソウルジェムを見せてくるほむほむ。かわいいやつめ。

2秒で採用したくなるかわいい自己アピール後、魔法少女全員に受け入れられ、それから早くも1ヶ月経過…

キュゥべえはまだ「きゅ~」しか言わない。クソ野郎め。

f:id:Image2D:20170413205744j:image

よく見ると景色の描き込みが前後編よりもすごい。何度も出てくる夜景と水が特に美しいなぁ。

そんな景色をまどかとほむほむが楽しんでいる間、仁美は恭介を電話で誘っていた。

恭介の渇いた「アハハ」で誘いを断られてしまった仁美の目が寄生虫に寄生されたようになってしまいナイトメアが誕生する。

その誕生シーンが、ホラー映画「エルム街の悪夢」にあったベッドから血が沸き出るアレに似てましたね。

ていうかあんな簡単に生まれるなよ!

まあベタな魔法少女らしいといえばらしい動機ですね。

「日曜日なんていりませんわ!」が何よりも恐ろしいわ。

 

f:id:Image2D:20170413205908j:image

そんでいよいよお披露目!バスタオル1枚のマミさん。他の魔法少女が越えられない壁をこれでもかと拝むことができる。髪を下ろしたマミさんも素晴らしいよ。窓開けっぱなしなんだけど、世の中にはゲスな輩がたくさんいるから気を付けるべき。

 

そしてナイトメア戦開始!最初に披露される全員の変身!マミさんはスケート、杏子はなんだかよく分からないやつ、さやかはブレイクダンスをキメて、ほむほむはぴょんぴょんバレエ、まどかはキラキラなザ・アイドルって感じ。よくわからない杏子の変身が一番好きです。

f:id:Image2D:20170413210622j:image

さやかのブレイクダンスは何度観ても慣れないよ…

 

からの

f:id:Image2D:20170413210556j:image

ピュエラwwwwマギwwwwwwwホーリーwwwwwwwwwクインテットwwwwwwwwwwwwwww

 

デデン!って感じの音楽が狙いすぎ。マミさんのポーズから分かるように考案したのは彼女だろう。

なんだかんだマミさんの夢がついに叶ったんだ。ここは創造者のほむほむに感謝。ネーミングセンスへのツッコミは胸に閉まっておこうね。

 

戦闘に関しては師弟コンビのティロ・デュエットだけでも驚きなのに、さやかも杏子もほむほむも技名を叫ぶなんて…マミさんにずいぶんと教育されたんだね。

f:id:Image2D:20170413212348j:image

でもせっかくなら杏子のロッソ・ファンタズマとか見てみたかったなぁなんて思ったり。

 

あそこはほむほむの願望の世界だから、二次創作ではネタにされまくってきたマミ・クオリティに、実は憧れていたってことなのかもしれない…全てがマミ得すぎる。

 

 
f:id:Image2D:20170413212505j:image

問題のケーキラップ。

ライムは皆無だが、ナイトメアをケーキと表して遠回しにディスってる彼女達はなかなかヒップホップ。

さやかの動きとマミさんの脚が素晴らかった。何度観てもキュートで奇妙で、観ているとこっちが恥ずかしくなる。でも英語吹き替え版だとちょっとかっこよく聴こえますよ。

 

ナイトメアを倒した後には全員魔力回復。

なんて優しい世界なんだ。仁美と恭介の仲を認めるさやかの優しい目も素晴らしい。

捻くれているほむほむはここから世界に違和感を感じ始め、相貌失認になる。

モブキャラの顔がゲロみたいに見えるけど、唐揚げを渡すまどかはマジ女神。

モブキャラのことはおかしいと思っているはずなのに、ヤバイ角度で降下する飛行船とかヤバイ角度で上昇する飛行船とかヤバイ動きの子供達とかは気にしていない。絶対におかしい。害がないから完全無視とか都会の子ってやっぱりそうなんですか…?

でも夢の中の違和感って、気付いているのにまったくツッコめないよね。そんな感じならすごく納得できる。

例のプロダクションノートには、子供達が注文した物の代金はほむほむの財布から拝借してると書いてあるから笑う。紙芝居は人魚の話が人気無いんだってさ…さやかちゃん…

 

そんなわけで違和感に耐えられなくなったほむほむは敢えて一番違和感がある杏子と隣街を捜索することになったのだが、何度バスに乗っても運転手がグレて風見野に行ってくれないという、奇妙な擬音が流れてきそうな状況になる。 

f:id:Image2D:20170413213011j:image

深夜徘徊だ…彼女達とホラー体験したすぎる。

ほむほむは危険を感じて杏子を先に帰すことにし、独りで夜の街へ繰り出す。

魔女の結界だと気付いてからは街が少しにぎやかになっている。条件を満たすとマップが広がるゲームみたい。

f:id:Image2D:20170413213123j:image

 

多分次の日、男児の憧れマミさんのお部屋!

背景に写る本がお菓子とインテリア関係のものしかなかった。『魔法少女オブ・ジ・エンド』と『魔法少女サイト』を勧めたくなる。

そんな空間に普通に溶け込んでいる劇的ビフォーアフターしたほむほむに誰かツッコめよ!(漫画版ではマミさんがイメチェンを褒めていました)

そして常に微笑で会話していたほむほむが突然時間停止を発動し、生き物に慣れていない掴み方でベベをかっさらってナルトもびっくりの助走無し大ジャンプで街を飛び回り、崩壊が始まっていそうな無人の場所でマスコットキャラをいじめていたら、彼女の足に突然リボンが絡み付く。

スーパーヒーローマミさんだ。

f:id:Image2D:20170413214151j:image

テラフォーマーズのこのコマを思い出したのは俺だけじゃないはず。

 

それにしても"隠"を使うとはさすがマミさんである。誰よりも応用ができているベテランは先の読みもおっぱいも圧倒的だ。

ほむほむもベテランには違いないが、時間停止の能力に頼りすぎて"凝"を忘れていたようだ。ハンターハンター7巻を読んで出直してきなさい。

「巴さんはもっと強くてたくましい人です」なんて言った直後にリボンを仕込まれるなんて…ほむほむはどんだけマミさんに信用されていないんだ。

劇場版前編では「いじめられっこの発想ね」なんて言われて新編では「ベベがいじめられるのを黙って見ているわけにはいかないわ」と言われて…なんともワルな扱いである。

 

2人の戦いはアニメだからこそできる、文字じゃ表現できない圧倒的「ガン=カタ

喘ぎ声(に限りなく近い息切れ)もいいぞ。

 

f:id:Image2D:20170413214709j:image

f:id:Image2D:20170413214723j:image

f:id:Image2D:20170413214758j:image

ハァハァ…ほむほむのこの体勢を観た俺は頭の中で別の銃撃戦を始めたけど、クラスのみんなには内緒だよ!

 

最後に銃弾がぶつかり合う時、漫画版だと2人とも耳を塞いでいるんですよ。漫画版は本当に丁寧に補足されているのでおすすめです。

 

劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

 

 

マミさんとほむほむは、おっぱい、髪の色、性格、胸など、キャラデザの段階から対極的な運命を予感させる2人だが、共通点もいくつかあるんですよね。

メイン武器が銃とか、1人で頑張りすぎちゃうところとか、俺に愛されているところとか、さやかの消火器攻撃を受けたとか…

 

そしてほむほむをかっさらったさやかが「君の推理を聞こうか」みたいな態度を取っている姿は劇場版前編と対比的でおもしろい。

ほむほむの推理ショーを「犯人はあんただよ」って思いながら聞いてるんでしょ?あの頃とのギャップがやばすぎる。

 

オラァ!

f:id:Image2D:20170413215342j:image

 

それから自分を信じられなくなったほむほむが、自分の想像物ではなく本物だと確信したまどかの「みんなと離れるなんて私には無理だよ」という本音を聞いていろいろ後悔する。

それが後に悪魔化を選ぶトリガーになるんだろうけど、神になる決心をしたまどかは、マミさんや杏子が亡くなったり、さやかが魔女化した酷い世界でメンタル的に成長し、魔法少女達を本気で救いたいと思えるようになったまどかだったから、ここで話したまどかの本音が向こうと同じだとは思えない。あの時のまどかに後悔なんてあるわけない。そういうところばかり間に受けていたらなんかもうダメでしょ。

もうほむほむには「本当のまどか」なんてとっくに分からないものになっていて「自分のまどか」だけを追いかけているんだ。

まどかがほむほむの髪を編んでいたけど、やっぱりイメチェンが気になっていたんだね。

 

そしていろいろ試してみた結果、ほむほむは自分が魔女だったのだと気付いてショックを受けて腰痛持ちみたいになる。辛いよな腰痛…

f:id:Image2D:20170413211827j:image

杏子に電話で「巻き込んでごめんなさい」と告げるシーン、テレビシリーズのことも含まれていそうでなんだか深いよ。

 

f:id:Image2D:20170413211852j:image

そこに現れるぶりっこキュゥべえ…登場だけはちょっとかっこいいな。

 

 
f:id:Image2D:20170413211906j:image

それにしても、これって事後っぽくないですか?

BD版だとこれに変な光が追加されていて見にくいんですよね。

 

女の子に声をかけるだけでも迷惑だったストーカーキュゥべえが「干渉遮断フィールド」なんて後付けの新技を使い、ほむほむは強制的に辱しめを受けていたことが分かる。睡姦みたいなもんだよ。真実を明かされた時のほむほむの顔、ゾクゾクしました。

時々あったキュゥべえの視姦するようなアップはそういうことだったんでしょうね。

変態はんぺん猫は「無意味な堂々巡りに付き合わされることになった」とかほざいていたけど、喋らない設定を利用してまどかとお風呂に入ったんだろ…どうせ。

 

そんなこんなでほむほむは、円環の理に救われないままソウルジェム内で半魔女化し、無意識に現実の知り合いを巻き込みながら新しい世界を作って過ごしていたのだ。

しかもキュゥべえは観測ついでに円環の理を制御したいと正直にぶっちゃけやがった!

そしてキュゥべえのスケベ心にブチギレたほむほむが魔女パワーでキュゥべえフルボッコにして円環の理に干渉される前に完全に魔女化してしまう。俺もボコボコにされるべきなのかもしれないな…

「輝きと後悔だけしかもう思い出せない」とかJCのセリフじゃねえ…

 

鳥肌が止まらないカウントダウンからついに始まるホムリリィ戦。

ホムリリィの姿が哀しすぎる。後ろから伸びる手が街を壊して引っ掻いて、後悔しか感じさせない。あれだけ頑張ってきたのに最後が自己完結だなんてありえないよ。

 

しかしさやかが大活躍!自分の心臓を突き刺す演出かっこよすぎるし、VIP感が新鮮すぎてたまらん。

派遣使い魔ども大活躍!使い魔戦争とか熱すぎる。

f:id:Image2D:20170413220709j:image

マミさんの10倍ティロ・フィナーレが強すぎる…

 

そしてさやかのスタンド「オクタヴィア」が杏子の槍を使うシーンの素晴らしさに、一部のオタクは円環の理に導かれたことだろう。あれは嬉しくなるよね。槍だけど魂の共鳴で魔女狩り発動しそう。

 

そして皆の愛でQBフィールドがブッ壊れるんだよ。

Kalafinaの『misterioso』が完璧に合っていて泣いた。このシーンは仕事中だろうがダブルチーズバーガーを食っている時だろうが思い出すだけで鳥肌ブワァーなって泣けてしまいます。


f:id:Image2D:20170413221149j:image

2人で弓を構えるシーンもBGMが素晴らしくて泣ける。視聴2回目以降は2人の会話が噛み合っていないと思えちゃうけどほんと最高。

 

からのキュゥべえフルコンボだドン!ざまぁねえなおい!!!

 

変態集団を撲滅して結界から脱出!

あの砂漠はいったいどこなんだ。

そして巻き込まれた一般人が懐かしい使い魔どもに優しく運び出される。先生が座っている椅子の下の使い魔おもしろい。地味に巻き込まれていた中沢くんにも笑った。

ほむほむが中沢くんを異性として意識していた説…はありえんからほむほむにとって朝のやり取りはとても重要なんだろう。良いポジションだな中沢くん。

 

ついに感動の再開かと思ったのにほむほむがまどかに愛の告白!からのバラバラ事件!

かわいい

f:id:Image2D:20170413221745j:image

俺はほむほむの感情を友達としての愛だと思っているけど、微妙なラインだよなぁ。愛で堕ちるとかルシファー感ありますね。

永遠の別れを受け入れた後に本物と再開しちゃったら揺らいでも仕方ないのかもなあ。

ところで『マギ』25巻の244話にこんなシーンがある。

f:id:Image2D:20170413222226j:image

彼が抱いているのは怒りだが、ストレートに表すと、ほむほむもこういうことなんだろうなとぼかぁ思ったわけです。

 

そんなわけで、絶望を愛に変えて吹っ切れたほむほむは悪魔化する。ウィッチがビッチに(つまらない)(笑えない)

 

f:id:Image2D:20170413222539j:image

こんなきわどい衣装を着ちゃってさぁ、確かに目付きとか肩とか背中にものすごくそそられるけど、俺は下半身が一番のポイントだと思うね。

今まではタイツ、ハイソックスを履いていて「もう少し下に…もう少し上に…」と焦らされている気分になっていたのだが、悪魔化によりついに絶対領域を解禁したのだ。

f:id:Image2D:20170413222645j:image

ほむほむ。

スカートの形がとってもイジワルで嬉しいが、そのスカートの形や、他の部分の露出の高さに邪道だと感じる人もいるだろう。だがそういうところが悪魔的と言えるのかもしれない。脚を組むイラストも多くてほんと悪魔。聖水かけるぞ。

ここまで言ってますけど、やっぱり俺は黒タイツ派ですね。

 

というわけで、キュゥべえは失敗し、奴隷宣告まで受ける。なでなで羨ましいなチクショウ。

 

こうして、1人による1人のための愛によって、迷惑にも宇宙規模で改編された世界が訪れる。

 

道のド真ん中でエアまどかと楽しそうに話すほむほむ…言葉にならない。

f:id:Image2D:20170413204055j:image

ほむほむの「敵になってあげる」ってセリフがよく分からん。さやかは強がっているけど記憶が消えそうだし(ていうか消えたし)、まどかが使命を思い出さない限り戦いも何も起こらないだろう。魔獣が滅んだ後とか…ほむほむの寿命は無限にでもなっているのかな。クラスの授業でディベートをやって敵対するみたいなレベルであることを願うばかりだ。

ほむほむがいたところのパラソルにまどか(魔女)文字で「永劫回帰」と書いてあるらしく、いろんな意味で畏怖の念を抱いた。

あんた、マジなんだな…


f:id:Image2D:20170413223414j:image

トマト投げられるほむほむはすごくおもしろい。気取り屋にトマトをぶつける遊びが子供達のブームらしい。

そして何より、なぎさが小学生だったことに驚いた。かわいいけどさぁ…

小学生を契約させるとかキュゥべえブラックすぎるだろ最低だな。なぎさが叶えた願いも小さいものだったらしいし、ケダモノだよヤツらは。

でも指輪をはめてる描写はなぎさだけ無いし、もしかしたら一番救われた存在なのかもしれない。

さやかはまた円環の理に導かれるんだろうけど、まどかがいないなら前より寂しくなりそうだ。それならさやかにとっては杏子が導かれるまで待ち続けていた以前のほうが良いに決まってる。TV版では何も言えずに別れてしまった恭介と仁美と再開できたのは良いとしても、また別れる運命なんだろうし、ほむほむが結果オーライみたいに言っていたけど、魔法少女として復活したんじゃビミョーすぎる。でも仮に一般人に戻っていたとしたら杏子との関係は無くなりそうで…ってこの辺は考えるだけ無駄かぁ。どっちにしろまどかと接点が無くなっていてつらい。

 

まどかが転校生設定とか出会いをやり直すってレベルじゃない。俺の価値観になるし何度も言ってる気がするけど、あのまどかは別人だよ。『オブリビオン』のラストを観た時と同じ違和感。

概念になったまどかが…ほむほむの全てを知ることができて良かったって言ってたじゃん!

ほむほむの努力が伝わった時以上の関係になるなんてもう不可能。いっそ関わらないほうがマシなくらい中途半端だ。

結局、ほむほむが何度も繰り返してきた戦いを理解してあげられる人はアニメを視聴してきたオタクだけになってしまった。

ほむほむの行動はほぼ勝手な自己満足であり、相手の幸せを願ったっていうのは本心なんだろうが、それは自分の行動を綺麗に見せるための口実なんじゃないかとも思えてくる。まどかが愛しく思っていた日常を分かっていないよ。

 

ほむほむに質問攻めを注意されたクラスメイトの「やばっ、近寄らんとこ」みたいな散り方はおもしろい。これじゃマミさんのことを馬鹿にしてる場合じゃあないですよ。

 

f:id:Image2D:20170413224356j:image

いいアングルですね。

 

目付きが悪く、イヤーカフスを着けた初対面のクラスメイトに哲学的な質問をされ、リボンを渡され、涙まで流されてまどかはドン引きする。二人はまた笑い合えるのだろうか。エンディングの最後のように手を繋げるのだろうか。

…まっったく期待できない。

むしろほむほむ自身の意思でまどかから離れていきそう。

でもリボンを渡す時のほむほむの顔は確かにいつものほむほむだったんだよなぁ。

 

その後に描かれる日常の風景では、さやかと杏子はラブラブで、まどかは大切な家族とまた一緒にいられて、我らがマミさんはアホみたいにチーズを買っている。しかも傍にはなぎさがいる!漫画版では二人が手を繋いで歩くところまで描いていたので素晴らしかった。ぼっちだなんてもう言わせないわ!

 

という感じでほとんど文句ナシのハッピーエンドにも思えてしまうが、やはりまどかから親友のさやかを奪っているのが一番もやもやするんだよほむほむ。

正直これは許せない。

質問攻めの時にさやかは近づいてもいなかったから完全に忘れたと捉えていいだろう。

幼い頃からまどかを支え続けたのはさやかであり、人格形成にも大きく関わっていたはずだ。

ほむほむめ…「この世界が尊いと思う?」って何度も聞きやがって…まどかの答えの中には、さやかと仁美との思い出も含まれているに決まってるだろうが!日常に戻れたってまたあの3人で同じ高校に進学したりしなきゃダメなんだよ……

 
f:id:Image2D:20170413224544j:image

 

ずっとさやかに助けられてきて何も出来なかったまどかが、円環の理でせめてものお返しをしたんだ!その気持ちも消し去りやがった。

テレビシリーズの公式ノベライズで描かれた2人の初めての出会いや、「いつかさやかちゃんにもわたしにも本当に好きな人ができて、結婚して、ばらばらになっちゃったとしても…それでも、友達だと思えます。どこか遠いところに住んでいても、たまに会えれば、会ってあの笑顔で話しかけてくれれば、わたしはそれだけでいい」というまどかの気持ちに涙腺をやられた俺はサイッコーにピキった。まどかとほむほむが普通に仲良くするラストだったらたぶんブチギレていた。

さやかと杏子が仲良くしていればハッピーエンド...ってわけではなく、さやかにとってはまどかが一番大切な友達だったんだよな。たぶんまどかからしても。

ほんと何の権利があってそんなことしたんだよ!チキショー!

 

 
f:id:Image2D:20170413224657j:image

そして内容のメッセージが込められまくっている素晴らしいしい曲『君の銀の庭』(ほむほむのシルエットエロくね?)が流れた後には半分に欠けた月の下で一人椅子に座るほむほむ…

寄り添う相手がいないあのシーンのせいで彼女の行く末をめちゃくちゃ察せられて「ハッピーエンドだッ!」なんて言えるわけがない。

 
f:id:Image2D:20170413224801j:image

 痛々しい横顔だ。

落ちたのは自殺!なんて言う人もいるけど、あんなことで死ぬわけがないから、この先も堕ちていくだけってことを暗示しているのではないか。

タオルにしたら肌に悪そうなキュゥべえは部下に先を越された元上司みたいな目をして奴隷と化したみたい。でもここまで逆転しているとさすがにかわいそうだから、大量のキュゥべえがほむほむに叛逆(成人指定)する妄想までしてしまいますね……俺がしたいだけだな。

あの状態のほむほむの支えになりたいと思う俺もいれば、キュゥべえのような扱いも悪くないんじゃないかと思う俺もいる。そんな哀愁とサディスティックな雰囲気を身に付けたほむほむがどうなってしまうのか気になるけど、この終わり方はある意味美しいし、解釈の余地が残っているからこそ長く楽しめる作品なので、続編をわざわざ作る必要はないと思う。もうほとんど決まってるらしいけどね。

あと、魔法少女はこれからも増えるのかが気になるなあ。ボロ雑巾キュゥべえがマッチ売りの少女みたいに契約を持ち込むのだろうか。

笑える。

 

 

というわけで、観る人によっては様々な解釈ができる内容で、新編を蛇足と言う人の気持ちにもかなり共感できる。アニメーションのクオリティは最高なんだけどね…

 

BD特典にあった「1st take ver」も観たんだけど、悪魔化してからのセリフが気取りすぎていて痛さが倍になっていた。救いの無さも強くなっていて、音響監督が語っているようにエンディング後を想像させる含みは薄い。公開版で正解だ。それと音声解説もけっこう有益でした。

 

新房総監督は「テレビシリーズの『女子中学生が神様になった』という結末は重いかもしれない」と言っていたらしいが、JCが悪魔に等しい扱いをされるほうが恐ろしい気がします。

 

あと、新編はTV版の続編ではなく劇場版前後編の続編だとも言っていたらしい。

そこは別けられていて良かった。

TV版ではきっと普通にまどかと再開できたんだよ…ほむほむ…

 

前後編と新編の間を描く魔獣編なんてものも漫画で出ています。公式っぽい扱いされているので、そこまで追いかける気がある人は読んでみよう。ぶっちゃけかなり蛇足感がありますけど、もし読んでいないマミマミストがいたらおすすめしたい。そんな内容です。

魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 

 

それでは新編のキャラについて語ります。

 


f:id:Image2D:20170413225343j:image

暁美 ほむら

大体上記のアレコレで語ったので、簡単にまとめるなら新編のほむほむは、どう見てもほとんど『ランボー』だった。

ループ(ベトナム戦争)が終わり新しい世界で生きていく事を決めたが、キュゥべえ(保安官)に邪魔されて、それが引き金となって自分の好きな空間(山)に閉じこもってしまう。そこで戦っていくにつれ、あの頃の記憶が次々と沸いてきて終盤にはほむほむ(ランボー)の願い(ベトナム戦争)はまだ終わっていなかったのだと分かる。

ランボーは大佐に苦悩を全部ぶちまけてそれでも生きていくことを決めたが、ほむほむは独りで完結し、まどかを諦めきれず悪魔化を選んでしまったのだ。

ランボーは歴戦の戦士であり大人だ。

ほむほむは多く戦ってきたものの、精神の成長はそれほどしておらず、なんだかんだ少女なので、あんな行動をとってしまったんだろう。

やっぱり魔法少女達は女子中学生なのだ。

テレビシリーズからずっとそうだが、女子中学生故の精神の脆さや思考が、キャラクター性のかなり重要な要素であり、そこをちゃんと理解してあげないでディスったりするのはよくないですよね(俺が言うのもなんかアレだけど)。

虚淵さんはどうしてこうも説得力のあるJCの気持ちを書けるのだろうか。

ちょっとズレたけどまぁとにかく…不幸なほむほむはかわいかったなあ。

 

 
f:id:Image2D:20170415103423j:image

鹿目 まどか

ほむほむをずっと見守り、やっとまた一緒になれる時が来たと思ったら、ほむほむの余計なお世話により自分で決意した願いは無かったことになって勇敢だった彼女は消えてしまった。

まどかが家族とまた一緒に生きられるようになったことは本当に素晴らしいが、どうしても寂しさを感じてしまう。

もし彼女の中のアルティメットが目覚めて今のほむほむを見たら泣きそう。

まあ個人的には一生目覚めず、ほむほむはずっと孤独に生きていくってほうが好み。

まろかぁ~。

 


f:id:Image2D:20170413203415j:image

百江 なぎさ

まどかが送り込んだ元お菓子の魔女。

まどかにとっては一番のトラウマ魔女だと思うんだがな。

しかし魔法はなかなかのもんだし、病んだ発言も無くて完全に癒しだった。

結果的にあらゆる面でマミさんを救ってくれたので、叛逆後の世界でもし魔法少女を引退できていたのなら本当に幸せになってほしいですね。ほむほむからすれば全然知らない娘だし、たぶん魔法少女の引き継ぎはされてなさそう。

 


f:id:Image2D:20170413203442j:image

美樹 さやか

彼女も円環の理から、テレビシリーズの時とは正反対の圧倒的な頼もしさを纏って帰ってきてくれた。オクタヴィアを自由に出せるようになっているし、正直強さはマミさんよりヤバいんじゃないかと思える。ほむほむの頑張りを認めることもできてキャラが無敵。

ただ叛逆後ではスタンド能力もまどかの記憶も失って杏子とアレなので、あのさやかちゃんは何だったんやとなる。魔獣に負けるまで幸せに過ごすことができそうだが…素直に喜べませんね。

 


f:id:Image2D:20170413203503j:image

佐倉 杏子

やっぱり彼女の気楽さと戦闘力から溢れ出る安心感は、今回のワケわからん世界観の中でも一種の癒しだった。

おそらく一番振り回されていたキャラでしたが、ほむほむの叛逆によってマイナスになったことがまったく無いように思えるので、彼女にとってこの結末はハッピーエンドと言えるでしょう。

 


f:id:Image2D:20170413203531j:image

巴 マミ

この新編を観た誰もが彼女の強さに震えたことだろう。戦術、戦闘力、リーダーシップ、肉体(バスト)などあらゆる点で単体最強であることを証明した。なぎさという支えができた彼女も疑いようのないハッピーエンド…だと信じたい。

 

 

さて、長々しく駄文を書きましたが、感想を読んでくれた方の『叛逆の物語』への理解に、少しでも良い変化を与えられたら幸いです。

ありがとうございました。

 

 

ついでにサントラで好きな曲

2、3、11、18、22、26、30、31、32、35、38、44、45

 

 

 

まどマギについて

何の前兆なのか、最近まで『魔法少女 まどか☆マギカ』がいろいろなアプリゲームとコラボしまくりであった。

スロットも人気っぽいし、さらにはマギアレコードとかいうオリジナルのソシャゲまで製作するようで、まためんどくさい世界観が広がっていきそうだ。

コラボはそのための戦略なのだろうか。

 

とまあそんな尻軽コンテンツっぽい流れだが、好きなアニメが終了から何年経っていても広がっているのは嬉しいなぁ。

年末にはどっかのチャンネルで再放送したようだし、現在Amazonプライムビデオでは、今となっては貴重かもしれないTV放送版が配信されているし、今月にはなんとAbemaTVで劇場版前後編からの『叛逆の物語』放送までやりやがるようです。今まどマギデビューしてみれば意外と長く楽しめるかもしれません。

 

…というわけで、まどマギについて語ります。

とは言ってもほとんどキャラについてだけです。

とっくに様々な解釈がされている作品なので本当に今更だが、キャラについてなら今でも語れる余地はあるんじゃないだろうか。

この先はかなり主観的で言葉遣いも適当ですし、アニメ本編はもちろん番外編のネタバレも含むので注意。

新編についてはまた別の機会にしておきますね。

 



f:id:Image2D:20170408004151j:image

まどマギは全12話のアニメでありながら、ストーリーとキャラに圧倒的な濃さを持たせる作りだし、ダイナミックなシャフト演出や劇団イヌカレーによる狂気的な魔女空間のおかげで、映像はその手の雰囲気が好きな人にはたまらないモノになっている。そして何より個性を生み出している要素が、かわいいキャラデザとダークさのギャップでしょう。それらの全てが上手く構成されていて、ハンパない大作感のある作品になっているのです。

 

それではキャラについて語っていきましょう

 

 
f:id:Image2D:20170408004305j:image

鹿目 まどか

ほむほむによって翻弄され絶望に突き落とされていく主人公。

他の魔法少女とは違い、健康で優しい父親と稼げる母親と未来ある弟を持つ裕福層である。

そんな彼女が、自分とは対比的な家庭環境や価値観を持つ少女達と行動を共にしながら、魔法少女になるかならないかの選択を迫られていくわけですが、魔法少女になるまでのまどかは皆に優しい言葉をかけてはキツく返されてショボンしてしまうので見ていてつらい。

 

そして魔法少女になった最後には「もう誰も恨まなくていいの。誰も呪わなくていいんだよ。そんな姿になる前に、あなたは、わたしが受け止めてあげるから」なんて言って世界を救い、根暗な俺は泣いてしまう。

あんなに愛に溢れたことを言えるなんて素晴らしすぎる。

他人の幸せを祈ったことが間違いだなんて、絶望に向かうだけだなんて考えは否定していきたいですね。以上です。

 

 

 
f:id:Image2D:20170408004344j:image

美樹 さやか

変身すると腋と絶対領域にオーラが出てくるまどかの幼なじみ。魔法少女の中で唯一男に恋心を抱いていた女。そんなリアルな女子中学生象が視聴者に好かれたり嫌われたりする要因になっている。

彼女は本当にドンマイなキャラだ。

なんかいろいろあって猫型はんぺん野郎に体を脱け殻にされた挙句、強制的に腹痛を与えられたさやかはもうお嫁に行けないと確信し、本当の気持ちを実行できず友人の仁美を妬むまでに堕ちてしまう。
f:id:Image2D:20170408004412j:image

そして影の魔女と戦っていた時に負った傷ですが、小説版だと「さやかちゃんの片目は潰れていました」「腕の一部は裂け、足も骨が見えるほど抉られていました」とグロテスクに表現されていたので、本当にマイっていたのだと分かる。

 

だけどネガティブな感情には常に鋭く敏感。

ほむほむがソウルジェムを渡してきた時には、ほむほむがやろうとしたことが完全に偽善であると気付いて拒み、ほむほむに「あなたって鋭いわ」と言われたりしている。(誰にでも分かりそうなんだけどさ)

 

とりあえず、ソウルジェムを渡すだけでは、まどかを傷つけて恭介を仁美に取られたさやかの苦しみが癒えるわけがなかったのだ。

浄化してもその場しのぎでまた濁る可能性も高いと思うし、こうなる前に純粋な杏子と話したことで余計にほむほむが気にくわなかったのかもしれない。

そして壊れた自分を見たまどかが苦しむかもしれないって心配をする以前に、自分はもうまどかに嫌われたんだと思い込んでしまって既に諦めちゃっていたんだろうなぁ。

 

それと魔女化する前に電車でお話したホスト達、調べてみると殺されていなかったみたいですね。漫画版では殺されちゃったようですが、それ1つでキャラの印象は物凄く変わるのでアニメのパターンでよかったよかった。

ちなみにアンソロジーコミックにホストどもが活躍する話があって地味におもしろかったです。

 

魔法少女まどか☆マギカ 4コマアンソロジーコミック (1) (まんがタイムKRコミックス)

魔法少女まどか☆マギカ 4コマアンソロジーコミック (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

 

 

そして改編後、まどかに救われることで恭介と仁美の仲を認めることができ、彼の演奏が好きだったのだと気付いて円環の理へ。

思えばさやかが恭介の性格等を褒めたことはまったく無かった気がするぞ!

まどかに酷いことを言ったきり二人は話せていなかったから再開できて良かったなぁ。あんなことがあっても最終的にさやかの願いを尊重してくれたんだし、まどかが最高の友達であることは間違いない。

 

そしてそんなさやかちゃんの戦闘スタイルは剣でした。

その道の師から剣技を学んだ訳ではないので、振り回したり投げたりするようなその場のノリに任せた動きばかりでしたね。バット時代とあまり変わらない。

5話で杏子の槍を刃先で止めるという凄い事があったけど、演出のために仕方なくって感じの扱いらしい…

才能が無いんだと自虐していたけれど、数えるほどしか戦っていないんだから彼女を焦らせる事が無かったらもっと強くなれたんだろうなあ。

 

まとめると、次々と起こる不幸ラッシュに耐えられず色々やらかしてしまったフツーの女の子である。

彼女は『ダイ・ハード』シリーズを観るべきだったんだよ。

 

 
f:id:Image2D:20170408004752j:image

佐倉 杏子

登場したばかりの頃は行動がDQNすぎて無理だったのだが、物事を厳しい目で見つつも、一番ハッピーエンドを望んでいたであろう優しい娘であった。

杏子の凄い所は最初に訪れた絶望の壁を乗り越えたところだ。普通なら家族の自殺で魔女化していたんだろうに、そのまま生き続けて孤独まで自分の力とした。

 

最後にはさやかを孤独にしないよう自爆。

なんかもう今までの悪いイメージも全て吹き飛ばしちゃうような退場でズルいですね。

以上です。

 

f:id:Image2D:20170408004913j:image

巴 マミ

マミさんは何も考えられない瀕死の状態で「生きる」という当たり前のことを願ったけれど、それはたぶん別の願いで契約しても自動で叶いそうな願いだったんだよな。

つまり他の魔法少女とは違って、夢も希望も叶えられぬまま、ほぼ強制的に魔法少女としての人生を歩まされた。

彼女の願いから訪れる絶望はたぶん孤独だったんだろうけど、それにもなんとか耐えていた。

まだ中学生なのに恋や友達と遊ぶことまで諦めて、魔法少女一本で生きている。しかも天涯孤独で独り暮らし(猫型孵卵器は含まない)。

…こんなに支えたくなるキャラがいるだろうか?

俺も一緒に戦って彼女の生きる希望になりてえ〜などと思っても、観ている側は何も出来ない。残念だがその辛さがまた作品とキャラの魅力なんだろう。

 

「マミさんは豆腐メンタル」なんて言う人をよく見かけるが、魔力を私欲に使わず、他の魔法少女のやり方に流されず、人を救う理想の魔法少女像を貫いてきた彼女が豆腐なわけがない。

豆腐などと思われてしまう一番の原因は10話だと思うけど、人助けを生き甲斐としてきた自分が、最後には人を傷付ける側になるだなんて分かったら死ぬでしょ。ゾンビ映画でよくあるやつです。友達だと思っていたキュゥべえに裏切られたってことや、さやかを誘った罪悪感もあっただろうしさ…

ワルプルギスの夜を止めることは考えずに皆を殺そうとしたマミさんのオツムは弱いかもしれないけど、「皆をすぐ楽にしてあげたい」「私が殺して全てを背負う」なんて気持ちがあったとしたらどうだろうか? 

まぁ上記の心理は完全に俺の妄想なのだが、杏子を最初に片付けたり、ほむほむを拘束したりする手際の良さからして感情に流されただけの行動じゃ無かったのは確かだと思うんですよね。大事だった皆を撃った後に自分がどれほど苦しむか分かっていたはずだ。そんな汚れ役を仲間にやらせようとしなかったマミさんは最後まで「お姉さん」だったんだよ。

事を済ませたら自分の命も絶たねばならないことを覚悟していたんだからメンタル面では強さしか感じなかったなぁ。

 

そしてまどかが神様(仮)になれた理由にマミさんの存在は欠かせない。

なぜなれたかってもちろんほむほむがループしまくっていたり、まどか自身が数々の悲劇を見てきたからなんですが、精神面では何よりも勇気が必要だったはず。俺はそれをマミさんから受け継いでいたと思っている。

4話でまどかがマミさんの部屋で「あたし、弱い子でごめんなさい…」と言ったのはマミさんの強さを分かっていたからで、12話でノートを返してもらった時に決断する勇気も頂いたんじゃないかな。

まどかがほむほむに「だって魔法少女はさ、夢と希望を叶えるんだから」と言ったが、これは元々マミさんの言葉なんだ。

まぁつまり…マミさんはすごいってことです!これだけは譲らんぞ!!!

 

もちろん戦闘でも最強。

使い魔どもとの戦いでは銃で殴ったり、蹴りでぶっ飛ばしたり、華麗に舞いながら容赦なく銃弾を撃ち込む。

数々の戦いで得た経験値と頭の良さと胸が他の魔法少女に比べてとても優れている。

銃のサイズや弾の種類まで多様性があるし、マジカルリボンは相手を拘束したり、相手の拘束技を切ったり、落下物を受け止めたり、移動手段として使うこともできる。

他にもさやかのバットを素材無しでマジカルステッキに強化したりと魔法の応用までもが一番上手い。

マミさんはドラマCDや番外編のTDSで杏子の師匠をやっているので、杏子の技が多いのはそういうことでもある。良くも悪くも他の4人はマミさんから始まっているのだ。偉大すぎる。

TDSのマミさんは最後に自ら死んじゃうんだけど、あのタイミングでは後輩に押し付けて逃げたようにしか見えなくて正直酷かった。

でも「魔女のいない世界でみんなに会えたら良かったな」って言葉が核心を突きすぎていて泣けるんですよ…

 

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 

そういえば事故前の人物像はまったく語られていませんね。

両親と楽しそうに話すマミさんとか想像しただけで胸がズキッとくるよなあ。

 

…とまぁこのままマミさんの全てを絶賛したいところですが、1つどうもおかしなところがある。

2話の「自分より強い相手は邪魔者ってわけ?いじめられっこの発想ね」ってセリフの違和感…すごくないですか?

さすがに何言ってんだコイツと思ってしまった。普通にピンとこない例えだし、気に入らない相手を排除しようとするのはいじめっこの発想じゃね!?

元いじめられっこの身としては少しショックですね。

 

まぁつまりだ。たった3話で亡くなったというのにあれほどの存在感…胸と首だけじゃなく本当に深いキャラクターなんですよたぶん。彼女はピチピチの中学生なのに、大きなお友達もつい「さん」付けで呼んでしまうほどのオーラはすごいものだ。

それと個人的に訴えたいことがあるのだが、「マミる」って言葉を未だに使う輩がいますよね。個人的にあの言葉は、生まれた時から死語だと思っているほど嫌いなので、目にしなくなる日がとっとと来てほしいもんです。根拠のないデブ呼ばわりもつまらないしああいうサムいノリも無くなって欲しいですねえ。

 

f:id:Image2D:20170408005313j:image

暁美 ほむら(ほむほむ)

まどマギデビューした頃は黒髪ロングに黒タイツという見た目に一目惚れしてしまい、常にほむらちゃほむほむだったのだが、冷静に分析してみるとかなりひどい女の子だった。何がほむらちゃほむほむだ。

 

まず、ほむほむは1周目でループするべきじゃなかった。

これを言うとストーリーそのものを否定してるようなものだからちょっとアレなんですけど、彼女はまどかの「元気でね」を無視してワルプルギスの夜と戦ったマミさんの「名誉の死」を最終的には「頭パックン」にしたんだよ。

 

ほむほむはまどかに「今とは違う自分になろうとは思わないことね」と毎回言っていそうだが、魔法少女になるか、ならないかの選択だけが人の変化じゃなくてもっと大事なアレがあるのだ。ほむほむにはその辺を気遣えるレベルの想像力も無かったので本編のまどかはズタズタ。まどかの「肉体の生存」しか考えていない。

最初にほむほむが惚れたまどかはもうほむほむの中にすらいないのではないか?…切ないね。

 

9話では「てめえそれでも人間か!?」という杏子の叫びに「もちろん違うわ、あなたもね」とクールに返して上手いこと言ったような雰囲気になるけど、杏子は肉体ではなく人間性についてツッコんでいたわけで、ほむほむはコミュ力というか聞く力の低さをドヤ顔で披露してしまったのだ。そういうところがかわいいのだと思いたいけど、まどかの気持ちを考えたら普通に最低である。傷付くと分かってて返したんならそれはそれでまたドン引き。すでに悪魔。

つまりコミュ力に限らず人間性もかなり危うい。しかもその危うさはメガほむ時代から垣間見える。

 

ワルプルギスの夜に勝ったけど魔女化しそうだなって時には

「2人で怪物になってこんな世界何もかも滅茶苦茶にしちゃおうか」

とかマミさんの精神から何も学んでいないことを言い出す。まどかからすれば「まだ私の家族いるんですけど」って感じだろう。何も返事されてないし、まどかに絶対引かれてる。こんなふっ切れた友達は見たくないだろうし、まどかもドッキリ方式でグリーフシードを使うわけですよ。

 

ていうか、なんでマミさんとまどかの扱いにあれほどの差があるんだろうか?

マミさんは1、2週目では本当にお世話になった存在でしょ。

殺されかけたんだからビビるのは仕方ないけど、「誰も未来を受け止められない」とかマミさんの行動だけを見て決めつけたような発言は酷いよ。現実を受け入れられなくてループした君が言うのか。そして本来巻き込まれなかったはずのさやかと杏子を含めて「こいつら使えない」的扱い。

勝手にループしておいて「もう誰にも頼らないッ!」ってあぁそうですか。

 

そもそも突然作り始めた威圧感と事情通ですって態度を止めていればマミさんから警戒されることは無くなり、もっと上手く事が運んでマミさんが食われる事も回避できたはず。それで何度も体験してきたであろうさやかの魔女化をどうにかして防げさえすれば、お菓子の魔女戦を生き残ったマミさんは魔法少女心中計画を発動しないかもしれんし、杏子とさやかも生き残ってワルプルギスの夜戦が有利になる。まどかはそれほど悲しまないだろう。

ほむほむはお菓子の魔女が危険だって未来を知ってるくせにテキトーに登場するし、ハコの魔女の時も統計とやらがあったはずなのになぜ現れなかったのか。もし分からなかったとしても、なぜぼっち暇人(決めつけだけど)のくせに不安定なまどかから目を離していたのか。

さやかの契約は避けられなかったにしろ、まどかはガチで死にかけていたよ。

その後の会話で「彼女にも監視」とか言ってたけどまどかの監視も出来ていなかったんじゃね…。

 

そしてほむほむとさやかは相性が悪いと言われることが多いけど、メガほむと同じく気が弱いまどかの最初の友達がさやかだし、ドラマCDでクールほむほむとさやかが微笑ましい会話をしていることから素の相性が悪いってことはない…はずで、気が強い直感型さやかに気が強い現実的思考のキャラで当たっていったほむほむが悪い子。

 

それと改編後の世界でさやかが円環の理に導かれた後にほむほむだけ「まどか…!」って言っていたけど、まどかを知らない杏子達からしたら空気を読めない発言が普通にウザいでしょ。さやかちゃんに触れてあげて。

 

そして一番迷惑だったのは銃器のマジカル窃盗だと思う。いったいどれほどのヤクザの指と軍人の首が飛んだのか毎度気になる。アルティメットまどか様は結果的にほむほむの行動で犠牲になった人達も救ったのだ。

 

とまあここまでボロクソ言ってしまいましたが、11話では自分がすでに迷子で、まどかとほとんど通じ合っていないことを自覚しているし、まどかを守ることだけが生きる理由なんだなぁと理解できればやっぱりなんか好きになっちゃうよね。

f:id:Image2D:20170408005426j:image

杏子とさやかの戦闘を止めに入った時の登場シーンや、ワルプルギスの夜をとんでもない火薬でボコボコにするホマンドーアクションは素晴らしいかっこよさだった。

ワルプルに吹っ飛ばされた時や絶望しかけてた時は悲しすぎてこっちも泣けてくる。

某海賊漫画の白ひげは裏切った息子をそれでも愛したし、俺も最初の気持ちを裏切らずに彼女を愛でていこうと思います。

そう、叛逆前のほむほむはね。

 

そんな感じ

自分の価値観が時々分からなくなる。

日々映画やアニメや漫画や音楽を楽しんで生きているし、価値観が変わるような感動は望んでいる事ではあるのだが、毎日Twitter等のSNSやネットの記事でいろんな考えに触れていたりもするし、昔から影響を受けやすい性格なので、油断していると自分が変なものに染まって矛盾ばかりの人間になってしまいそうだ。

なんて不安や、作品を忘れたくないという想いや、オタク特有の語りたい欲求を解消したいという思いから、趣味等の考えをまとめるブログを始めることにする。

なんだか疲れる動機ですけど、簡単に始められるんだし、やってみないと引きずって余計に疲れるものだ。かなり個人的なものになりそうなので温かい目で見てくれたら助かります。

アメブロもやってみたんですが、1回の投稿で飽きたので今度こそやるぞ…。