夢オチ希望

適当にやっていきます

韓国のボカロを聴こうじゃないか

最近、中国語対応の初音ミクV4Cの楽曲が発表されました。


DECO*27 - First Storm feat. Hatsune Miku / 初嵐 feat. 初音ミク

DECO*27さんが作曲しているので、馴染みのない言語だろうと余裕で聴けます。綺麗なロックだ。絵もすんばらしい…色の濃さの使い分けが幻想的。

かなりレベルが高いですが、現存のチャイニーズボーカロイド達は食われたりしないだろうか…ちょっとこれから中国のボカロシーンもチェックしていこうと思う。 

 

そして下記のリンク先は、初音ミク公式ブログによるV4Cの記者会見のレポート記事です。

blog.piapro.net

載っている初音未来のイラスト…ヤバくないですか?

スカートがV4Xのイラストよりギリギリですよ。LUXコラボのイラストも非常に萌えで世界を感じました。

 

…さて、ミクさんがついに中国に進出したので、俺はなんか余った感のある韓国のボカロ曲をいろいろ漁ってみることにした。

まず、韓国のボーカロイドといえばSeeU(シユ)とUNI(ユニ)!

彼女達の歴史なんかはまぁ個人で別に調べておくとして…

韓国語のボカロを聴くことへの一番の不安は、やはり言語でしょう。

普通のK-POPなら、事務所やチャンネルによって変わりますが、公式が英語字幕や日本語字幕を付けた動画をアップロードしたり、日本のファンが作った日本語訳付きの動画を見つけることができたりします。しかしKボカロ(なんか良い呼び方ないかな)となると滅多に無いので、自分は正直意味を全く理解せず聴いていくことになりました。

まぁそれでも楽しめるのが音楽ですよね。普通に歌詞が分かる(訳せるわけではない)洋楽でも邦楽でも、とりあえずメロディが自分にハマるかどうかが優先で先に歌詞の意味を知りたいとは、ぶっちゃけあんまり思いません。もうこういうスタイルでいることが一番楽しみやすいもんです。

…てなワケで聴きていきましょう。

Kボカロは動画サイトで探すとなると、ジャパンの曲のカバーが多くヒットしたりしてオリジナルを探すのが少し難しいので、有名っぽいやつばかりですが、古い曲と最近の曲から良かったモノをバランスも意識して選んで載せていきます。

 

 

 


[SeeU] Alone (Original)

YouTubeの概要欄に日本語で「路頭を通り過ぎる人々の中で自分が感じるさびしさ, 悲しみを歌で表現して見たElectronic House ジャンルの曲です」と書いてあります。曲はかっこいいし動画に英語字幕が付いているし100万回以上再生されていて強い。

そんな無理して外出るなよって感じ。

 

 


【UNI + FUKASE Original / PV】깨어나는 새벽 (유니/후카세 오리지널)

Fukaseが韓国語で歌ってるんですよ!なんかちょっとキツいけど…古くてスローなKボカロを良い感じに電子化したような感じとクールなイラストも良いじゃない!

投稿者のライブ配信を聴いてみたら、カワボでした。

 

 


[유니/Uni] 유쾌한 우주인의 인류멸망

なんかずっと楽しそうに叫んでいますね。シャウトがけっこう透き通っている感じで聴きやすい。韓国語の音の使い方もボーカロイドの使い方もかなり上手いと感じました。

良い感じにKawaiiを理解しているMVを見るに、世界観がゲームっぽい事は分かるんですけど…やっぱ分かんね。

 

 


[유니/Uni] 벚꽃비

これは非常におすすめ!

分かりますか?曲によっては韓国語の音の気持ち良さは異常です。UNIの声かわいいしメロディもノリやすくて、歌詞がワケ分かんなくても俺は何度も聴いています。

 

 


[SeeU] 위선의 과학Science of Hypocrisy (Fan MV)

オリジナルを貼りたいところですが、そっちにはMVが無かったのでFan MVのほうをどうぞ。探せば英語字幕付きもあります。

このMV、よくもまぁけっこう良いイラストまで使って作ったもんですよね。でもそんなファンが付いてもおかしくない良曲ですよ。ニコニコにも動画がありましたが100回ちょっとくらいしか再生されていませんでした。やれやれだぜ。

 

 


시유-우산

かなり古い曲ですが、ポップだし調教も聴きやすいし、アニメのOPくらいのサイズで良いです。こちらもMVはファンによって作られたモノのようです。かわいすぎる。しかも日本語字幕付きなので聴くしかないでしょう。

 

 


[Korean Vocaloid] SV01 SeeU 4th Demo-song M/V

なんとこの曲はBTSで有名なBig Hitが製作に関わっていたりします。

古いから仕方ないけど、MVのCGSeeUが超絶ビミョー。聴くだけならさすがのクオリティです。

 

 


(Original) UNI - 저격수 인형 [VOCALOID4] (보컬로이드 유니)

なんていうかボカロ曲ではあまり聴かない感じのサウンドで良いっスね。動画と歌詞の意味はめちゃくちゃ分かりませんが。

 

 


SeeU-Hide and Seek-English Subtitles

転載が多くてオリジナルの動画がどれかよく分からないので、とりあえず英語字幕付きを貼ります。

Kボカロの中ではめっちゃ有名みたいで、俺もこれが一番気に入っている。ぶっちゃけSeeUのハスキー声は苦手なのだが、これは聴きやすい!日本語カバーもあるしその気になれば歌詞の内容は余裕で分かるかと思います。これがウケたからなのか、Kボカロで人気の曲はホラー系が多いように感じますね。にしてもこのMVの女の子は超かわいい…

 

 


[yujin749] 시유-love and death

 MVから察するに、とんだサイコ女の歌っぽい。そして「Hide and Seek」 みたいに横アングルでよく走っています。

 

 


시유-가위

タイトルの意味は「ハサミ」ですが、やっぱり細かいことは分からん!!なんかヤバい奴に体を乗っ取られるストーリーなのか二重人格の表現なのか…だれかおしえて。

まあとにかく、粗いイラストや何度もループしたくなる音がたまりません。

 

 


UNI - ZOMBIE ─Original─

イラストがハンパなく素晴らしい。

ゾンビは好きですが、ホラー的な話のような雰囲気ではないし、ここで紹介した曲の中では歌詞の意味を一番知りたいです。英語字幕動画でいいから誰か作ってください。お願い致します(´・ω・`)笑

 

 

 

えー …そんな感じです!

K-POPといったら、ガンガンEDMってるものや、爽やかなイケメンソングや、ヒップホップ要素を取り入れまくったアイドルとかが主流なモンで音に飽きなく最高なのですが、Kボカロとなると…日本での「ボカロっぽさ」ってやつはあんまりないけど、やっぱりボカロ生態系だなというか…はい。もちろんディスってはいないです。

ひたすら歌詞が分からねぇ分からねぇと言っている情けない内容でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

もっと探求してえ!とか思った方がもしいるのなら、上記の動画をYouTube上で観て表示される関連動画を巡ったり、「UNI original」とかで検索すればいろいろ見つかると思います。ニコニコのタグもアリですが、量も探しやすさもYouTubeのほうがダントツかも。

ではでは(´・ω・`)ノ

2017上半期で気に入った曲

どうも 

2017年上半期に発表された曲の中で、個人的に特に印象的だった10曲をメモ的なアレです。順位とかはありません。

 

 

清水翔太 『FIRE』

youtu.be

やっぱり清水翔太は凄い。日本のR&Bシンガーで一番好き。「My Boo」も超良かったけど、こっち派。

 

 ゆるふわギャング "Escape To The Paradise" [Official Music Video]

youtu.be

MV超クールでトラックも斬新。アルバムも買ったしかなり期待しています。

 

Imagine Dragons - Thunder

youtu.be

完全にパンダでとても気に入りました。

MVカッコよすぎる。

 

Maroon 5 - Cold (Audio) ft. Future

youtu.be

「Don't Wanna Know」と同じくバンド感をほとんど捨て去ってラッパーを召喚した曲だが…たまらん。Futureのパートがスゲー良いですよ。さすがMaroon…何だっけ。

 

DJ Khaled - I'm the One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne

youtu.be

もう聴きすぎている。最高のラッパー達にジャスティンでキャレド凄すぎるってワケ。

このMVに一応Migosが3人出ていますけど、OffsetとTakeoffは後ろでウロウロしているだけってのがかなりおもしろいです。撮影中にどんな指示が出ていたのか超気になりますよ。

 

 Jason Derulo - Swalla (feat. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign) (Official Music Video)

youtu.be

Talk Dirty」と「 Wiggle」に並ぶ変な歌詞のスーパーキャッチーな曲で間違いなく進化と言えるのだが、完全に初期のジェイソンと真逆の曲調でウケる。フィーチャリングも最高。27秒の顔アップがなんかツボ。

 

BTS (방탄소년단) '봄날 (Spring Day)' Official MV

youtu.be

もう去年からBTSにハマりまくり。

「Not Today」も最高だけどMVのおもしろさも含めてこっち派なんです。

 

 [MV] IU(아이유) _ Palette(팔레트) (Feat. G-DRAGON)

youtu.be

MVのIUがかわいすぎてマジヤバいです。

G‐DRAGONの入りとかめっちゃかっこよくてアカン。

 

初音ミク】セグメントエラー【オリジナル】

youtu.be

 歩く人の曲には、ボカロ界の中でも抜きんでた個性があるのでおすすめです。

 

 囮と致死毒 / 初音ミク

youtu.be

 イラストがちょっとえっちで好きです。歌詞の内容は正直どうでもいいんですけど、ミクの使い方が上手くてかっこいいですねぇ~。

 

 

というワケで以上です。

ボカロも聴いているのでバランス的に2曲選んでおきました。

元1Dのリアムのソロ曲や、ケンドリック・ラマーの「HUMBLE.」など大注目のやつや、Mars Todayの「Cool it」 なんかも気に入ったし、Jay ParkとCha Cha Maloneが立ち上げた新レーベル、H1GHR MUSICから出たやつもかっこよくてこれから超期待ですよ。もうJay Parkほんと大好き…

でも発表時期を無視するなら一番聴いていたのはクリス・ブラウンの「Party」だろうなあって感じです(笑)

ライブハウスに行った陰キャ

どうも

今回は…タイトルの通りです。

今月初めてライブハウスでのライブに行ってみました。 

 

参加したイベントはこれです。

f:id:Image2D:20170622215459j:image

 

このWoolyは今回のやつで静岡での活動を止めるみたいだし、さらには開催場所を今までとは違う自分の近場の浜松にするとのことで…もう行くしかないなと思ったワケです。

 

でも服装とかでとにかく悩みましたよ。

ダサい格好で行くのは失礼だぜと思い、調子に乗って買ったブラックピラミッドの水色Tシャツにホワイトの七分袖シャツを羽織って下はチノパンという、冷静に考えるとオタク顔の自分に似合わないだろって感じに仕上げちゃいました。

 

それでいて普段街中には一切足を踏み入れない人間なので、数年ぶりかもしれない街の人混みにはガクガク震えた。

 

そして脳内予習したルートを歩きリストバンドの交換場所へと到着。

チケットを見せるという試練もなんとかクリアし、最初に吉田凜音を見ようと思ってグーグルマップを駆使し会場を探していたら全然見つからなくて完全に終わったと思ったのだが、イベントのリストバンドを付けた人を発見してストーキングしたらなんとか辿り着けました。

グーグルマップで距離がありそうに見えても全然遠くないってことがよく分かりました…

 

そして入った所はそれなりに広い気がする部屋って感じの会場だったし、最前から2番目の真ん中で見たのでかなりドキドキした。

パフォーマンス中に何をすればいいのかよく分からなかったので、とりあえず腕組んで体を揺らしたり頷いたりしてましたね……あと歴戦の戦士っぽい最前列のおっさんの応援の仕方を参考にしたりしてなんとかやっていけた。それと最前列でポケットに手を突っ込むか腕組むだけで曲が終わった後の拍手以外は微動だにしない人の背中を見て謎のかっこよさを感じていました。

実際音は気持ちよかったしとても楽しかったですよ。

もうとにかくYouTubeで観るよりも良かった。かわいいだけじゃなくカッコイイじゃないですか吉田凜音っ!って感じです。これからの活動が楽しみですね。

 

それからしばらく外に1人で椅子的なものに座りながらスマホを見つめ1時間くらい時間を潰し、ゆるめるモ!を見に行くのであった。

 

しかし会場に入ったのはいいがメインの登場がちょっと遅れていたのでかなり長い時間不動で立つことになりましたね。

なかなか広いところでしたが、ここではずっと一番後ろで腕組んで過ごしていました。でも始まると後ろでよかったなあと思いましたよ…前のファン達はハデにジャンプしたりめちゃくちゃ腕を振っていたりでありえん激しかったです。何言ってるのか訳わからんくらい1人で叫んでる人もいて自分の前の女性は引いていましたが、俺は全力のオタクはかっこいいなぁと少し感動してしまうのでした。

 

ゆるめるモの曲はYouTubeで聴いた時はイマイチの印象を受けましたけどライブだと振り付け含め2.2倍くらい良く感じられました。

 

そして引き続き同じ会場で今回一番の目的のDAOKOを見っぞ〜と前から3番目くらいの前線に行ってひたすら腕組み待機。ほんと立ち疲れましたが、始まってからはもうサイッコーでした。メジャーデビュー後の曲しかやらないと思っていましたが、「ME!ME!ME!」とか「boy」とか聴けましたよ。見ている間は「水星」や「BANG!」でクラップとかやりました。「もしも僕らがGAMEの主役で」と「ShibuyaK」の振り付けは簡単だけど逆に難しいとこありますよあれ。

DAOKOの格好は確か、上に着丈の長いTシャツだけで下はほとんど脚が見えてる感じでして…夏で良かったなあと思いましたまる

 

というわけで、ライブハウスにはヤングで怖い人達が多そうなイメージを持っていましたが、別にそんなことは無く、全身黒の服を纏ったオタク少年や、ガチ感あるオッサンも多くいたし、誰かに絡まれることもなくて、個人的にはそこそこ安心できる空間でした(自分の見たアーティストがそういう層に好まれるタイプだからかもしれませんが)

 

とりあえずそういう感じだったので、好きなアーティスト出るけど怖くて無理そう〜って感じの人は、まぁ頑張りましょう!

ボカロ×人間

どうも

f:id:Image2D:20170915011320p:plain

 

実は最近話題(?)のマストドンのボカロインスタンスをよく見ているのですが、ユーザーにはニコニコ等のランキング圏内常連のPや、かけだしPがいたり、活発なリスナーもそれなりにいて、見ているとなかなか有益です。(インスタンス主力メン達のノリによってはクソどうでもいい個人の情報も多く流れるので音楽一色とは言えない雰囲気ですが)

(追記)ていうかこの記事を書いた1週間後にはもう見なくなりました。気にしないでください(´・ω・`)

 

…ですけど最近のボカロシーンそのものは盛り上がっているのでしょうか?

2016年は初っ端から「ゴーストルール」がぶっ飛ばしていたこともあり、なかなか勢いがあっておもしろかったけど、今は正直よく掴めない。まぁまだ5月だから普通は仕方ないんですけどね。ていうか自分はエラそうに評価できるほど聴いていないので、実際良いのかもしれないっすけど…。

 

(追記)

…と上記では書きましたが、あのkemuさんが4年ぶりに新曲を発表しましたね。hatsukoさんのイラスト以外は特に進化を感じない、ある意味安心のクオリティでしたけど。

それにハチさんも復活したじゃん…そもそもミク10周年だし…勢いあるに決まってるじゃん…コンピ曲とかめちゃくちゃヤベーよ( ´•̥ω•̥`)ゴメン。

 

まぁとにかく、そんな怒られそうなテキトーな気持ちで動画サイトに投稿されていくオリジナル曲を聴いていく中、今年の4月にめちゃくちゃ予想外のところからボカロの声が響いてくるのであった。

それがこれです。

 

Big Boi『Kill Jill』

youtu.be

 

これは使われたボカロ曲。

初音ミク】データ~DATA~アレンジ【3DPV】

www.nicovideo.jp

屈強なラッパー達がミクに乗せてラップしてるなんて一種の革命ですよ。

自分はちょうど海外のヒップホップにハマっているし、この曲を聴くまでは「Big Boi」の存在を知らなかったので、これを聴けてほんと良かった。

 

彼の他の曲では、「Maroon5」の「アダム・レヴィーン」が参加しているこれなんかカッコいいですね。

Big Boi『Mic Jack ft. Adam Levine』

youtu.be

 

というわけで、ボーカロイドをサンプリングしたりフィーチャリングさせている人間ミュージシャンの曲をテキトーに紹介しようと思います。記事のタイトルはカップリング的な意味じゃありませんのでご了承ください。

 

いろいろ探したんですけど、これがなかなか見つからない。

 

 

 

Lia feat. IA『My Soul, Your Beats!

youtu.be

 

Angel Beats!』というアニメのOPですね。

自分はこのアニメの存在を数年前から知ってるんですけど、ぶっちゃけまだアニメの本編までは観たことがないんですよね。

まぁとにかく、この曲は日本人歌手によるアニソンということもあり、衝撃的なギャップを感じることもあまり無くて聴きやすいですね。

あぁ…IAかわいい。

 

 

震える舌×rjnk 『震える舌がオマエを殺す』

youtu.be

とにかく雰囲気音楽。巻き舌ミク。

トラックは良いんですけど何度も聴きたくはならないし、リリックも正直狙いすぎでおもしろいとは思えない。この人間とボカロのクルーは他にも数曲出してるけど、まぁこれが一番いい。

 

 

MCU『グッドイナフ』

youtu.be

 聴いていて普通に楽しい。

 

 

DCPRG『キャッチ22』 

youtu.be

2:20から兎眠りおん

異様に長いですけど、リズムとか関係なく好き勝手やってる感じが気持ちよくて意外と余裕で聴けます。好き。

 

 

安室奈美恵『B who I want 2 B feat.HATSUNE MIKU』

youtu.be

おいおい…と思えるコラボだけど、安室がミクに寄った声にしているので聴きやすい。クールだし嫌いじゃないです。

 

 

BUMP OF CHICKEN feat.HATSUNE MIKU『ray』

youtu.be

人間×ミクの曲では一番有名なんじゃないかな。

踊ってるミクはあまりかわいくないですが、調教はkz(livetune)だし歌詞も良いし、ミクへのリスペクトを感じる綺麗な使われ方がもう好意的に捉えるしかない。

 

 

KOHH『働かずに食う(I Don't Work)』[IA ver.]

youtu.be

 完全にIAが歌っています。

もちろんKOHH自身が歌っているバージョンもありますけど、彼がボカロに曲を任せるなんてなかなか笑えますよね。コメント欄では「どうかしてる」と言われまくっているのだが、個人的にはすごく良いと思うし何度も聴いちゃいますねこれ。MMDもかわいいし、「働かずに食う」なんて言葉をボカロに言わせてるんだから批判しても負けな気しかしない。すごい男。

 

 

MISOGI『Clairvoyant』

youtu.be

 作曲者はDJなんでしょうけど、詳細はよく分からないっす…すみません。

使われたボカロ曲はこれです。

 

鏡音リン】すすすす、すき、だあいすき【かたほとりMIX】

www.nicovideo.jp

 海外のデキるオタク達のコメントによると、「Drake」や「Gucci mane」に、英語版『ドラゴンボールZ』の「I am GOGETA!」というセリフまでもが使われているみたいです。ウケる。

 

 

Busy Signal『Everybody Move』

youtu.be

 めっちゃおもしろい。

 

使われた曲

VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた

www.nicovideo.jp

 

ついでにさらにその元ネタ

Loituma - Ieva's Polka

www.nicovideo.jp

長いし…どうにかなりそう

いい〇屋ネットのCMで聴いた気がしますよ。

 

 

Ricardo Padua & HATSUNE MIKU『Beautiful Lies (Feat.Arlette Peña)』

youtu.be

 めっちゃ良いですね。

「Ricardo Padua」は他にもエレクトロニックなミク曲を多く作っているので、Spotifyとかで探すといろいろ出てきますよ。

 

 

Porter Robinson『Sad Machine』

youtu.be

 約1年前に発表された『Shelter』で日本での人気もかなり高まったであろうイケメンアニメオタク「ポーター・ロビンソン」の楽曲ですね。とにかく音が美しく、切ないようなストーリー性もあって超好みです。

ボカロパートでは、「私は人間に頼ってる」的なアレを歌っているので、機械と人間の出会いという表面的な部分だけを解釈するのではなく、ボカロの存在についてなどけっこう深い意味で捉えることもできるほんと素敵なヤツです。

ついでに使われているボーカロイドは「AVANNA」

f:id:Image2D:20170521212141j:image

海外生まれでソバカスという属性まで付いているなかなかクセのある娘。

着けている魔道具的なものは何なのだろう。

 

 

 

…いかがでしたか?

ボーカロイドにもいろんな生き方があるってワケですね。

これで一応終わりですが、また良いものが見つかったら追加していこうと思います。

叛逆の物語について

ネタバレ注意

 

 

叛逆の公開当時、俺はまどマギにゾッコンだったにも関わらず、めんどくさがって映画館には行かなかった。

しかも先に漫画版を買って内容を把握するという、今の自分だったらありえない愚行に走っていました。

特典のフィルムとか欲しかったなぁ。

高校生の頃に友達が「いいだろほむほむだぜ」って見せてきたことをまだ覚えている。

そしてこの文を書く2年以上前にBDを買って観た。

幸いにも漫画版の内容は1割も覚えていなかったので、映画は純粋に楽しめました。

後にコレクター魂的なのが燃えて北米版BDも買っちゃいましたし、分厚いプロダクションノートをヤフオクで買ったりしました。

果てしないので詳しくは書けませんが、プロダクションノートには映画を観るだけじゃ分からない裏設定が大量で凄いモンでしたよ。どうかしていると思いました。

 

というわけで、ほんと今更なんですけど…自分なりにまとめたくて仕方が無いので、量産型感想を書きます。

とりあえず、1つ前の記事でテレビシリーズのまどマギについては書いたので、『叛逆の物語』全体のリアクションと、この映画で変わった彼女達のイメージを書いていこうかなと思います。

 


f:id:Image2D:20170413204816j:image

冒頭はほむほむが「ポケットモンスター縮めてポケモン」みたいな感じで魔法少女について語る。

それから舞台は幻想的な街に移り、なんと劇場版『永遠の物語』で消えたはずの少女達が笑顔でぬいぐるみと戦っているじゃないか。あのさやかと杏子が共闘

 

途中背景に「Welcome to cinema」と書いてあり、らしくないメタ発言かと思ったけど、この世界はほむほむの作り物って意味で捉えるのが妥当かな。

 
f:id:Image2D:20170413233622j:image

新しい敵のナイトメアは、さやかも「グロい」なんて言わない微妙にかわいらしいデザイン。枕やクマさんのぬいぐるみでビルを破壊するほどワイルドだったりもする。

劇団イヌカレーの人達って、ヤン・シュヴァンクマイエルの映画が好きそうですよね。ほんと良いセンスしている。

儀式中に流れる「まだだめよ」はずっとループして聴ける良く出来た挿入歌。

一時期サントラを職場に向かう車内でリピートしまくったりしていた。意外と眠くならないんですよ。

 

オープニング『カラフル』は歌詞も映像も素晴らしい。今はもう1人変わってしまったが、昔のClariSはこういう力強い歌の方が良いなぁ。

映像では、ほむほむだけ踊っていないダンスシーンが一番好き。哀しいけど。

ここもやばいっすね。
f:id:Image2D:20170413205142j:image

 

OPも終わって次の日、さやかと杏子とまどかが登校している。普通にありえん。

独身和子先生はなんだか悪魔憑きみたいな動きをしていて恐ろしかった

f:id:Image2D:20170413205309j:image

反っていた時は完全にコレでしたね。

f:id:Image2D:20170413205401j:image

本当の悪魔はほむほむより先生なのかもしれない。

 

そして転校生はドヤ顔でソウルジェムを見せてくるほむほむ。かわいいやつめ。

2秒で採用したくなるかわいい自己アピール後、魔法少女全員に受け入れられ、それから早くも1ヶ月経過…

キュゥべえはまだ「きゅ~」しか言わない。クソ野郎め。

f:id:Image2D:20170413205744j:image

よく見ると景色の描き込みが前後編よりもすごい。何度も出てくる夜景と水が特に美しいなぁ。

そんな景色をまどかとほむほむが楽しんでいる間、仁美は恭介を電話で誘っていた。

恭介の渇いた「アハハ」で誘いを断られてしまった仁美の目が寄生虫に寄生されたようになってしまいナイトメアが誕生する。

その誕生シーンが、ホラー映画「エルム街の悪夢」にあったベッドから血が沸き出るアレに似てましたね。

ていうかあんな簡単に生まれるなよ!

まあベタな魔法少女らしいといえばらしい動機ですね。

「日曜日なんていりませんわ!」が何よりも恐ろしいわ。

 

f:id:Image2D:20170413205908j:image

そんでいよいよお披露目!バスタオル1枚のマミさん。他の魔法少女が越えられない壁をこれでもかと拝むことができる。髪を下ろしたマミさんも素晴らしいよ。外から見れば部屋の中がオープンすぎるんだけど、世の中にはゲスな輩がたくさんいるから気を付けるべき。

 

そしてナイトメア戦開始!最初に披露される全員の変身!マミさんはスケート、杏子はなんだかよく分からないやつ、さやかはブレイクダンスをキメて、ほむほむはぴょんぴょんバレエ、まどかはキラキラなザ・アイドルって感じ。よくわからない杏子の変身が一番好きです。

f:id:Image2D:20170413210622j:image

さやかのブレイクダンスは何度観ても慣れないよ…

 

からの

f:id:Image2D:20170413210556j:image

ピュエラwwwwマギwwwwwwwホーリーwwwwwwwwwクインテットwwwwwwwwwwwwwww

 

デデン!って感じの音楽が狙いすぎ。マミさんのポーズから分かるように考案したのは彼女だろう。

なんだかんだマミさんの夢がついに叶ったんだ。ここは創造者のほむほむに感謝。ネーミングセンスへのツッコミは胸に閉まっておこうね。

 

戦闘に関しては師弟コンビのティロ・デュエットだけでも驚きなのに、さやかも杏子もほむほむも技名を叫ぶなんて…マミさんにずいぶんと教育されたんだね。

f:id:Image2D:20170413212348j:image

でもせっかくなら杏子のロッソ・ファンタズマとか見てみたかったなぁなんて思ったり。

 

あそこはほむほむの願望の世界だから、二次創作ではネタにされまくってきたマミ・クオリティに、実は憧れていたってことなのかもしれない…全てがマミ得すぎる。

 

 
f:id:Image2D:20170413212505j:image

問題のケーキラップ。

ライムは皆無だが、ナイトメアをケーキと表して遠回しにディスってる彼女達はなかなかヒップホップ。

さやかの動きとマミさんの脚が素晴らかった。何度観てもキュートで奇妙で、観ているとこっちが恥ずかしくなる。でも英語吹き替え版だとちょっとかっこよく聴こえますよ。

 

ナイトメアを倒した後には全員魔力回復。

なんて優しい世界なんだ。仁美と恭介の仲を認めるさやかの優しい目も素晴らしい。

捻くれているほむほむはここから世界に違和感を感じ始め、相貌失認になる。

モブキャラの顔がゲロみたいに見えるけど、唐揚げを渡すまどかはマジ女神。

モブキャラのことはおかしいと思っているはずなのに、ヤバイ角度で降下する飛行船とかヤバイ角度で上昇する飛行船とかヤバイ動きの子供達とかは気にしていない。絶対におかしい。害がないから完全無視とか都会の子ってやっぱりそうなんですか…?

でも夢の中の違和感って、気付いているのにまったくツッコめないよね。そんな感じならすごく納得できる。

例のプロダクションノートには、子供達が注文した物の代金はほむほむの財布から拝借してると書いてあるから笑う。紙芝居は人魚の話が人気無いんだってさ…さやかちゃん…

 

そんなわけで違和感に耐えられなくなったほむほむは敢えて一番違和感がある杏子と隣街を捜索することになったのだが、何度バスに乗っても運転手がグレて風見野に行ってくれないという、奇妙な擬音が流れてきそうな状況になる。 

f:id:Image2D:20170413213011j:image

深夜徘徊だ…彼女達とホラー体験したすぎる。

ほむほむは危険を感じて杏子を先に帰すことにし、独りで夜の街へ繰り出す。

魔女の結界だと気付いてからは街が少しにぎやかになっている。条件を満たすとマップが広がるゲームみたい。

f:id:Image2D:20170413213123j:image

 

多分次の日、男児の憧れマミさんのお部屋!

背景に写る本がお菓子とインテリア関係のものしかなかった。『魔法少女オブ・ジ・エンド』と『魔法少女サイト』を勧めたくなる。

そんな空間に普通に溶け込んでいる劇的ビフォーアフターしたほむほむに誰かツッコめよ!(漫画版ではマミさんがイメチェンを褒めていました)

そして常に微笑で会話していたほむほむが突然時間停止を発動し、生き物に慣れていない掴み方でベベをかっさらってナルトもびっくりの助走無し大ジャンプで街を飛び回り、崩壊が始まっていそうな無人の場所でマスコットキャラをいじめていたら、彼女の足に突然リボンが絡み付く。

スーパーヒーローマミさんだ。

f:id:Image2D:20170413214151j:image

テラフォーマーズのこのコマを思い出したのは俺だけじゃないはず。

 

それにしても"隠"を使うとはさすがマミさんである。誰よりも応用ができているベテランは先の読みもおっぱいも圧倒的だ。

ほむほむもベテランには違いないが、時間停止の能力に頼りすぎて"凝"を忘れていたようだ。ハンターハンター7巻を読んで出直してきなさい。

「巴さんはもっと強くてたくましい人です」なんて言った直後にリボンを仕込まれるなんて…ほむほむはどんだけマミさんに信用されていないんだ。

劇場版前編では「いじめられっこの発想ね」なんて言われて新編では「ベベがいじめられるのを黙って見ているわけにはいかないわ」と言われて…なんともワルな扱いである。

 

2人の戦いはアニメだからこそできる、文字じゃ表現できない圧倒的「ガン=カタ

喘ぎ声(に限りなく近い息切れ)もいいぞ。

 

f:id:Image2D:20170413214709j:image

f:id:Image2D:20170413214723j:image

f:id:Image2D:20170413214758j:image

ハァハァ…ほむほむのこの体勢を観た俺は頭の中で別の銃撃戦を始めたけど、クラスのみんなには内緒だよ!

 

最後に銃弾がぶつかり合う時、漫画版だと2人とも耳を塞いでいるんですよ。漫画版は本当に丁寧に補足されているのでおすすめです。

 

劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

 

 

マミさんとほむほむは、おっぱい、髪の色、性格、胸など、キャラデザの段階から対極的な運命を予感させる2人だが、共通点もいくつかあるんですよね。

メイン武器が銃とか、1人で頑張りすぎちゃうところとか、俺に愛されているところとか、さやかの消火器攻撃を受けたとか…

 

そしてほむほむをかっさらったさやかが「君の推理を聞こうか」みたいな態度を取っている姿は劇場版前編と対比的でおもしろい。

ほむほむの推理ショーを「犯人はあんただよ」って思いながら聞いてるんでしょ?あの頃とのギャップがやばすぎる。

 

オラァ!

f:id:Image2D:20170413215342j:image

 

それから自分を信じられなくなったほむほむが、自分の想像物ではなく本物だと確信したまどかの「みんなと離れるなんて私には無理だよ」という本音を聞いていろいろ後悔する。

それが後に悪魔化を選ぶトリガーになるんだろうけど、神になる決心をしたまどかは、マミさんや杏子が亡くなったり、さやかが魔女化した酷い世界でメンタル的に成長し、魔法少女達を本気で救いたいと思えるようになったまどかだったから、ここで話したまどかの本音が向こうと同じだとは思えない。あの時のまどかに後悔なんてあるわけない。そういうところばかり間に受けていたらなんかもうダメでしょ。

もうほむほむには「本当のまどか」なんてとっくに分からないものになっていて「自分のまどか」だけを追いかけているんだ。

まどかがほむほむの髪を編んでいたけど、やっぱりイメチェンが気になっていたんだね。

 

そしていろいろ試してみた結果、ほむほむは自分が魔女だったのだと気付いてショックを受けて腰痛持ちみたいになる。辛いよな腰痛…

f:id:Image2D:20170413211827j:image

杏子に電話で「巻き込んでごめんなさい」と告げるシーン、テレビシリーズのことも含まれていそうでなんだか深いよ。

 

f:id:Image2D:20170413211852j:image

そこに現れるぶりっこキュゥべえ…登場だけはちょっとかっこいいな。

 

 
f:id:Image2D:20170413211906j:image

それにしても、これって事後っぽくないですか?

BD版だとこれに変な光が追加されていて見にくいんですよね。

 

女の子に声をかけるだけでも迷惑だったストーカーキュゥべえが「干渉遮断フィールド」なんて後付けの新技を使い、ほむほむは強制的に辱しめを受けていたことが分かる。睡姦みたいなもんだよ。真実を明かされた時のほむほむの顔、ゾクゾクしました。

時々あったキュゥべえの視姦するようなアップはそういうことだったんでしょうね。

変態はんぺん猫は「無意味な堂々巡りに付き合わされることになった」とかほざいていたけど、喋らない設定を利用してまどかとお風呂に入ったんだろ…どうせ。

 

そんなこんなでほむほむは、円環の理に救われないままソウルジェム内で半魔女化し、無意識に現実の知り合いを巻き込みながら新しい世界を作って過ごしていたのだ。

しかもキュゥべえは観測ついでに円環の理を制御したいと正直にぶっちゃけやがった!

そしてキュゥべえのスケベ心にブチギレたほむほむが魔女パワーでキュゥべえフルボッコにして円環の理に干渉される前に完全に魔女化してしまう。俺もボコボコにされるべきなのかもしれないな…

「輝きと後悔だけしかもう思い出せない」とかJCのセリフじゃねえ…

 

鳥肌が止まらないカウントダウンからついに始まるホムリリィ戦。

ホムリリィの姿が哀しすぎる。後ろから伸びる手が街を壊して引っ掻いて、後悔しか感じさせない。あれだけ頑張ってきたのに最後が自己完結だなんてありえないよ。

 

しかしさやかが大活躍!自分の心臓を突き刺す演出かっこよすぎるし、VIP感が新鮮すぎてたまらん。

派遣使い魔ども大活躍!使い魔戦争とか熱すぎる。

f:id:Image2D:20170413220709j:image

マミさんの10倍ティロ・フィナーレが強すぎる…

 

そしてさやかのスタンド「オクタヴィア」が杏子の槍を使うシーンの素晴らしさに、一部のオタクは円環の理に導かれたことだろう。あれは嬉しくなるよね。槍だけど魂の共鳴で魔女狩り発動しそう。

 

そして皆の愛でQBフィールドがブッ壊れるんだよ。

Kalafinaの『misterioso』が完璧に合っていて泣いた。このシーンは仕事中だろうがダブルチーズバーガーを食っている時だろうが思い出すだけで鳥肌ブワァーなって泣けてしまいます。


f:id:Image2D:20170413221149j:image

2人で弓を構えるシーンもBGMが素晴らしくて泣ける。視聴2回目以降は2人の会話が噛み合っていないと思えちゃうけどほんと最高。

 

からのキュゥべえフルコンボだドン!ざまぁねえなおい!!!

 

変態集団を撲滅して結界から脱出!

あの砂漠はいったいどこなんだ。

そして巻き込まれた一般人が懐かしい使い魔どもに優しく運び出される。先生が座っている椅子の下の使い魔おもしろい。地味に巻き込まれていた中沢くんにも笑った。

ほむほむが中沢くんを異性として意識していた説…はありえんからほむほむにとって朝のやり取りはとても重要なんだろう。良いポジションだな中沢くん。

 

ついに感動の再開かと思ったのにほむほむがまどかに愛の告白!からのバラバラ事件!

かわいい

f:id:Image2D:20170413221745j:image

俺はほむほむの感情を友達としての愛だと思っているけど、微妙なラインだよなぁ。愛で堕ちるとかルシファー感ありますね。

永遠の別れを受け入れた後に本物と再開しちゃったら揺らいでも仕方ないのかもなあ。

ところで『マギ』25巻の244話にこんなシーンがある。

f:id:Image2D:20170413222226j:image

彼が抱いているのは怒りだが、ストレートに表すと、ほむほむもこういうことなんだろうなとぼかぁ思ったわけです。

 

そんなわけで、絶望を愛に変えて吹っ切れたほむほむは悪魔化する。ウィッチがビッチに(つまらない)(笑えない)

 

f:id:Image2D:20170413222539j:image

こんなきわどい衣装を着ちゃってさぁ、確かに目付きとか肩とか背中にものすごくそそられるけど、俺は下半身が一番のポイントだと思うね。

今まではタイツ、ハイソックスを履いていて「もう少し下に…もう少し上に…」と焦らされている気分になっていたのだが、悪魔化によりついに絶対領域を解禁したのだ。

f:id:Image2D:20170413222645j:image

ほむほむ。

スカートの形がとってもイジワルで嬉しいが、そのスカートの形や、他の部分の露出の高さに邪道だと感じる人もいるだろう。だがそういうところが悪魔的と言えるのかもしれない。脚を組むイラストも多くてほんと悪魔。聖水かけるぞ。

ここまで言ってますけど、やっぱり俺は黒タイツ派ですね。

 

というわけで、キュゥべえは失敗し、奴隷宣告まで受ける。なでなで羨ましいなチクショウ。

 

こうして、1人による1人のための愛によって、迷惑にも宇宙規模で改編された世界が訪れる。

 

道のド真ん中でエアまどかと楽しそうに話すほむほむ…言葉にならない。

f:id:Image2D:20170413204055j:image

ほむほむの「敵になってあげる」ってセリフがよく分からん。さやかは強がっているけど記憶が消えそうだし(ていうか消えたし)、まどかが使命を思い出さない限り戦いも何も起こらないだろう。魔獣が滅んだ後とか…ほむほむの寿命は無限にでもなっているのかな。クラスの授業でディベートをやって敵対するみたいなレベルであることを願うばかりだ。

ほむほむがいたところのパラソルにまどか(魔女)文字で「永劫回帰」と書いてあるらしく、いろんな意味で畏怖の念を抱いた。

あんた、マジなんだな…


f:id:Image2D:20170413223414j:image

トマト投げられるほむほむはすごくおもしろい。気取り屋にトマトをぶつける遊びが子供達のブームらしい。

そして何より、なぎさが小学生だったことに驚いた。かわいいけどさぁ…

小学生を契約させるとかキュゥべえブラックすぎるだろ最低だな。なぎさが叶えた願いも小さいものだったらしいし、ケダモノだよヤツらは。

でも指輪をはめてる描写はなぎさだけ無いし、もしかしたら一番救われた存在なのかもしれない。

さやかはまた円環の理に導かれるんだろうけど、まどかがいないなら前より寂しくなりそうだ。それならさやかにとっては杏子が導かれるまで待ち続けていた以前のほうが良いに決まってる。TV版では何も言えずに別れてしまった恭介と仁美と再開できたのは良いとしても、また別れる運命なんだろうし、ほむほむが結果オーライみたいに言っていたけど、魔法少女として復活したんじゃビミョーすぎる。でも仮に一般人に戻っていたとしたら杏子との関係は無くなりそうで…ってこの辺は考えるだけ無駄かぁ。どっちにしろまどかと接点が無くなっていてつらい。

 

まどかが転校生設定とか出会いをやり直すってレベルじゃない。俺の価値観になるし何度も言ってる気がするけど、あのまどかは別人だよ。『オブリビオン』のラストを観た時と同じ違和感。

概念になったまどかが…ほむほむの全てを知ることができて良かったって言ってたじゃん!

ほむほむの努力が伝わった時以上の関係になるなんてもう不可能。いっそ関わらないほうがマシなくらい中途半端だ。

結局、ほむほむが何度も繰り返してきた戦いを理解してあげられる人はアニメを視聴してきたオタクだけになってしまった。

ほむほむの行動はほぼ勝手な自己満足であり、相手の幸せを願ったっていうのは本心なんだろうが、それは自分の行動を綺麗に見せるための口実なんじゃないかとも思えてくる。まどかが愛しく思っていた日常を分かっていないよ。

 

ほむほむに質問攻めを注意されたクラスメイトの「やばっ、近寄らんとこ」みたいな散り方はおもしろい。これじゃマミさんのことを馬鹿にしてる場合じゃあないですよ。

 

f:id:Image2D:20170413224356j:image

いいアングルですね。

 

目付きが悪く、イヤーカフスを着けた初対面のクラスメイトに哲学的な質問をされ、リボンを渡され、涙まで流されてまどかはドン引きする。二人はまた笑い合えるのだろうか。エンディングの最後のように手を繋げるのだろうか。

…まっったく期待できない。

むしろほむほむ自身の意思でまどかから離れていきそう。

でもリボンを渡す時のほむほむの顔は確かにいつものほむほむだったんだよなぁ。

 

その後に描かれる日常の風景では、さやかと杏子はラブラブで、まどかは大切な家族とまた一緒にいられて、我らがマミさんはアホみたいにチーズを買っている。しかも傍にはなぎさがいる!漫画版では二人が手を繋いで歩くところまで描いていたので素晴らしかった。ぼっちだなんてもう言わせないわ!

 

という感じでほとんど文句ナシのハッピーエンドにも思えてしまうが、やはりまどかから親友のさやかを奪っているのが一番もやもやするんだよほむほむ。

正直これは許せない。

質問攻めの時にさやかは近づいてもいなかったから完全に忘れたと捉えていいだろう。

幼い頃からまどかを支え続けたのはさやかであり、人格形成にも大きく関わっていたはずだ。

ほむほむめ…「この世界が尊いと思う?」って何度も聞きやがって…まどかの答えの中には、さやかと仁美との思い出も含まれているに決まってるだろうが!日常に戻れたってまたあの3人で同じ高校に進学したりしなきゃダメなんだよ……

 
f:id:Image2D:20170413224544j:image

 

ずっとさやかに助けられてきて何も出来なかったまどかが、円環の理でせめてものお返しをしたんだ!その気持ちも消し去りやがった。

テレビシリーズの公式ノベライズで描かれた2人の初めての出会いや、「いつかさやかちゃんにもわたしにも本当に好きな人ができて、結婚して、ばらばらになっちゃったとしても…それでも、友達だと思えます。どこか遠いところに住んでいても、たまに会えれば、会ってあの笑顔で話しかけてくれれば、わたしはそれだけでいい」というまどかの気持ちに涙腺をやられた俺はサイッコーにピキった。まどかとほむほむが普通に仲良くするラストだったらたぶんブチギレていた。

さやかと杏子が仲良くしていればハッピーエンド...ってわけではなく、さやかにとってはまどかが一番大切な友達だったんだよな。たぶんまどかからしても。

ほんと何の権利があってそんなことしたんだよ!チキショー!

 

 
f:id:Image2D:20170413224657j:image

そして内容のメッセージが込められまくっている素晴らしいしい曲『君の銀の庭』(ほむほむのシルエットエロくね?)が流れた後には半分に欠けた月の下で一人椅子に座るほむほむ…

寄り添う相手がいないあのシーンのせいで彼女の行く末をめちゃくちゃ察せられて「ハッピーエンドだッ!」なんて言えるわけがない。

 
f:id:Image2D:20170413224801j:image

 痛々しい横顔だ。

落ちたのは自殺!なんて言う人もいるけど、あんなことで死ぬわけがないから、この先も堕ちていくだけってことを暗示しているのではないか。

タオルにしたら肌に悪そうなキュゥべえは部下に先を越された元上司みたいな目をして奴隷と化したみたい。でもここまで逆転しているとさすがにかわいそうだから、大量のキュゥべえがほむほむに叛逆(成人指定)する妄想までしてしまいますね……俺がしたいだけだな。

あの状態のほむほむの支えになりたいと思う俺もいれば、キュゥべえのような扱いも悪くないんじゃないかと思う俺もいる。そんな哀愁とサディスティックな雰囲気を身に付けたほむほむがどうなってしまうのか気になるけど、この終わり方はある意味美しいし、解釈の余地が残っているからこそ長く楽しめる作品なので、続編をわざわざ作る必要はないと思う。もうほとんど決まってるらしいけどね。

あと、魔法少女はこれからも増えるのかが気になるなあ。ボロ雑巾キュゥべえがマッチ売りの少女みたいに契約を持ち込むのだろうか。

笑える。

 

 

というわけで、観る人によっては様々な解釈ができる内容で、新編を蛇足と言う人の気持ちにもかなり共感できる。アニメーションのクオリティは最高なんだけどね…

 

BD特典にあった「1st take ver」も観たんだけど、悪魔化してからのセリフが気取りすぎていて痛さが倍になっていた。救いの無さも強くなっていて、音響監督が語っているようにエンディング後を想像させる含みは薄い。公開版で正解だ。それと音声解説もけっこう有益でした。

 

新房総監督は「テレビシリーズの『女子中学生が神様になった』という結末は重いかもしれない」と言っていたらしいが、JCが悪魔に等しい扱いをされるほうが恐ろしい気がします。

 

あと、新編はTV版の続編ではなく劇場版前後編の続編だとも言っていたらしい。

そこは別けられていて良かった。

TV版ではきっと普通にまどかと再開できたんだよ…ほむほむ…

 

前後編と新編の間を描く魔獣編なんてものも漫画で出ています。公式っぽい扱いされているので、そこまで追いかける気がある人は読んでみよう。ぶっちゃけかなり蛇足感がありますけど、もし読んでいないマミマミストがいたらおすすめしたい。そんな内容です。

魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 

 

それでは新編のキャラについて語ります。

 


f:id:Image2D:20170413225343j:image

暁美 ほむら

大体上記のアレコレで語ったので、簡単にまとめるなら新編のほむほむは、どう見てもほとんど『ランボー』だった。

ループ(ベトナム戦争)が終わり新しい世界で生きていく事を決めたが、キュゥべえ(保安官)に邪魔されて、それが引き金となって自分の好きな空間(山)に閉じこもってしまう。そこで戦っていくにつれ、あの頃の記憶が次々と沸いてきて終盤にはほむほむ(ランボー)の願い(ベトナム戦争)はまだ終わっていなかったのだと分かる。

ランボーは大佐に苦悩を全部ぶちまけてそれでも生きていくことを決めたが、ほむほむは独りで完結し、まどかを諦めきれず悪魔化を選んでしまったのだ。

ランボーは歴戦の戦士であり大人だ。

ほむほむは多く戦ってきたものの、精神の成長はそれほどしておらず、なんだかんだ少女なので、あんな行動をとってしまったんだろう。

やっぱり魔法少女達は女子中学生なのだ。

テレビシリーズからずっとそうだが、女子中学生故の精神の脆さや思考が、キャラクター性のかなり重要な要素であり、そこをちゃんと理解してあげないでディスったりするのはよくないですよね(俺が言うのもなんかアレだけど)。

虚淵さんはどうしてこうも説得力のあるJCの気持ちを書けるのだろうか。

ちょっとズレたけどまぁとにかく…不幸なほむほむはかわいかったなあ。

 

 
f:id:Image2D:20170415103423j:image

鹿目 まどか

ほむほむをずっと見守り、やっとまた一緒になれる時が来たと思ったら、ほむほむの余計なお世話により自分で決意した願いは無かったことになって勇敢だった彼女は消えてしまった。

まどかが家族とまた一緒に生きられるようになったことは本当に素晴らしいが、どうしても寂しさを感じてしまう。

もし彼女の中のアルティメットが目覚めて今のほむほむを見たら泣きそう。

まあ個人的には一生目覚めず、ほむほむはずっと孤独に生きていくってほうが好み。

まろかぁ~。

 


f:id:Image2D:20170413203415j:image

百江 なぎさ

まどかが送り込んだ元お菓子の魔女。

まどかにとっては一番のトラウマ魔女だと思うんだがな。

しかし魔法はなかなかのもんだし、病んだ発言も無くて完全に癒しだった。

結果的にあらゆる面でマミさんを救ってくれたので、叛逆後の世界でもし魔法少女を引退できていたのなら本当に幸せになってほしいですね。ほむほむからすれば全然知らない娘だし、たぶん魔法少女の引き継ぎはされてなさそう。

 


f:id:Image2D:20170413203442j:image

美樹 さやか

彼女も円環の理から、テレビシリーズの時とは正反対の圧倒的な頼もしさを纏って帰ってきてくれた。オクタヴィアを自由に出せるようになっているし、正直強さはマミさんよりヤバいんじゃないかと思える。ほむほむの頑張りを認めることもできてキャラが無敵。

ただ叛逆後ではスタンド能力もまどかの記憶も失って杏子とアレなので、あのさやかちゃんは何だったんやとなる。魔獣に負けるまで幸せに過ごすことができそうだが…素直に喜べませんね。

 


f:id:Image2D:20170413203503j:image

佐倉 杏子

やっぱり彼女の気楽さと戦闘力から溢れ出る安心感は、今回のワケわからん世界観の中でも一種の癒しだった。

おそらく一番振り回されていたキャラでしたが、ほむほむの叛逆によってマイナスになったことがまったく無いように思えるので、彼女にとってこの結末はハッピーエンドと言えるでしょう。

 


f:id:Image2D:20170413203531j:image

巴 マミ

この新編を観た誰もが彼女の強さに震えたことだろう。戦術、戦闘力、リーダーシップ、肉体(バスト)などあらゆる点で単体最強であることを証明した。なぎさという支えができた彼女も疑いようのないハッピーエンド…だと信じたい。

 

 

さて、長々しく駄文を書きましたが、感想を読んでくれた方の『叛逆の物語』への理解に、少しでも良い変化を与えられたら幸いです。

ありがとうございました。

 

 

ついでにサントラで好きな曲

2、3、11、18、22、26、30、31、32、35、38、44、45